ホットヨガ・ジムの体験談と感想を集めてみました。

ホットヨガの服装ウェア、水素水やマットキープ、気になることはたくさんありますね。LAVAやカルドの体験申込の予約って、どうやってやるの?ホットヨガGOGO

骨盤ダイエットに矯正下着、ショーツを使う

骨盤の調整には矯正下着が良いかもしれません。自分一人で体操をしたりしてみても、長続きしなかったりします。

矯正下着なら、着ておくだけで毎日、効果が得られます。下着を着て普通に生活するだけで効果が得られるのですから簡単ですね。値段的にもお手頃なものが多いようです。

骨盤矯正の整体を大阪でするなら!

腰痛治療を大阪でやる?一発で腰痛が治った方法

骨盤ダイエット・エステお試し500円体験

骨盤ベルトで下半身を

骨盤ダイエットに効果があるのが骨盤をしめるためのベルトだといわれています。骨盤を外側から締めることで形を整え、きちんとした状態にするということです。

骨盤は、ただ緩むだけでなく左右のゆがみということもあります。よくズボンの裾を直すときに左右の脚の長さが違うと言う人がいますが、このように脚の長さが左右で違う場合、骨盤がずれているか、何かで、問題があることが多いようです。O脚を解消したい場合、ひざだけをどうこういうのではなく、骨盤にも異常はないか、一度、専門のカイロプラテイックなどで診てもらうのもよいかもしれません。

また骨盤を締めると内臓の圧迫が取れるので、便秘などにも効果があるようです。それと全然関係ないようで関係あるのが骨盤とO脚です。O脚はひざの、問題に見えますが、実際には骨盤が原因であることが多いのです。骨盤のゆるみが解消されるとO脚もなおることが多いのです。そしてO脚になる女性に多いのが、出産を機会になったというものです。これはホルモンの作用によって起こるとされています。O脚になると脚も太くなり、ヒップも垂れ下がる感じになってしまいます。 これでは、どうにも見た目が悪いものです。顔は化粧でごまかせますが、下半身のむくみは、なかなか隠しきれません。下半身のむくみを隠そうとして、服を重ね着しても、よけいおかしくなってしまいます。
体形を隠そうとして服を着たら、余計に太って見えてしまうのではないでしょうか。

骨盤ダイエット以外のダイエット

骨盤ダイエット以外にも、いろんなダイエットがあるようですね。顔やせダイエット、下半身に効果のある股関節体操、太ももダイエット、ふくらはぎダイエット、、、、、。なぜ、そこまでして痩せたいのでしょうか。いつぞや引退した力士のように、身体が体重を支えきれない、膝の軟骨がすり減ってしまった。歩くこともままならない、、、このような状態にまで行ってしまったのなら、話はまた別ですが、、、。 早い話が、女性に取って美しくなって男性にモテたい!!これが身もふたもない現実ではないでしょうか。そもそも太った女性の方が美しいとされる地域は世界中に今でもあります。そのような地域に行った痩せた女性は、当然、ブサイクということになります。 日本でも過去の歴史において、下ぶくれの顔、おかめ顔?おたふく?の方が平安時代には美しいとされていました。二千円札の紫式部を見れば一目瞭然ですね。 「美」という文字は、大きな羊と書きます。南太平洋やアフリカなどでは、今でも太った女性のほうが美しいとされています。美の基準、スタンダードは時代と場所によって異なるということです。外面の美しさも結構ですが、内面の美しさを磨いてみては、どうでしょう。たまには考え方を変えて、そっちの方で頑張ってみるというのもアリではないでしょうか。内面(考え方)が変わると、外面(見た目)が変わると言います。これは顔というものが脳の一部だからだ、という意見もあるようです。

ダイエット、リバウンド

ダイエットを行って、やった体重が減った!と喜んだのもつかの間、リバウンドで体重が元に戻ってしまう、なんてことがよくありますよね。ではダイエットにつきものの、リバウンド、原因は何でしょう?考えられる可能性としては、ダイエットをやりすぎたため身体が飢餓状態に陥いり、栄養分をよけいに吸収しやすくなった。脂肪が減少したではなく、筋肉が減少した為に基礎代謝が低下してしまった。体重が減ったことで慢心して継続していた運動を手抜きした。ダイエットによるストレスで、食欲が増加してしまった。などという理由が考えられます。ダイエットとリバウンドを繰り返すと、体重は基本的に落ちにくくなるため、ダイエットする際には注意が必要です。運動をせずにダイエットした場合、増加する体重の分は筋肉ではなく、脂肪であることが多いので、以前と同じ体重であっても目方は増大することになります。 体型はより太くなるということです。このダイエット、リバウンドの悪循環に陥ると、筋力の減少により運動をすることが、ダイエット前より難しくなります。そのため、運動によるカロリー消費の効率も落ちてしまうことになります。 ダイエットのリバウンド、怖いですね。

サイトマップ

お問い合わせ