JOYFIT泡瀬に行く!実際の体験談

沖縄市に住むタイシです。30代男性です。営業の仕事をしています。


今まで主にウォーキングと軽めのランニングをやっていました。
夏は子どもたちが夏休みのため一緒に市民プールへ行って全身運動しています。

2015年1月からウォーキングを始めました。
ちょうど30歳になる節目でもありましたし、その先の4月から転職を予定したため心も身体も心機一転しようと思い始めたのがきっかけです。

ですが、転職先では慣れない仕事のせいで運動する時間どころかプライベートの時間も取れずに家と職場の往復が続き、半年も経過すればダラダラとブクブクした生活に慣れていきました。

職場の昼休憩は弁当ですが、職人さんが多い地域ですのでほとんどがガッツリ油系の弁当です。
入社当初は食べきれず残していたものが、完食どころか間食までするほどダラけていました。
入社時に着けていたスリム系のYシャツはもちろん、スーツのスラックスもサイズアップで買い替えるほど大きくなり、人生でMAXの体重になっていました。

再度、きっかけが訪れたのは2017年の初夏です。
小学生の娘から「お父さんくさ~い」「一緒にねむりたくな~い」
妻からは「最近、まともに見れなくなった」「怠けすぎてんじゃない」と。
妻と出会った20代のころは細マッチョ体系で、ビーチでも自慢の身体を見せびらかしていたあの時から十数年経ちます。

自分では太っているのは分かっているつもりでしたが、いざ言われてみると苛立ちと悔しい気持ちでした。
「やってやろうと!」

スポーツクラブ JOYFIT泡瀬に行くことを決めました。
24時間年中無休のスポーツジムが2017年8月にオープンする予定で会員募集のチラシを見ました。
しかも先着500名は月会費が永年割引になるキャンペーンもありましたので、迷いもせず申し込み。

オープンする2か月前に申し込んだので300番台で月会費が永年割引のキャンペーンに無事間に合いました。


ジムに行くのはもっぱら一人です。
近くの公園などでウォーキングするときは妻も一緒です。

ジムにインストラクターの方々はいますが、特にやりとりはありません。

スポーツウェアと室内用ランニングシューズのみ使用しています。

JOYFIT泡瀬への入会が決まってから、ユニクロに行きました。
フード付きのウェアー、インナー、パンツ、スポーツスパッツはユニクロで揃えています。
靴下は5本指の足首までのが欲しかったのでスポーツデポで室内用シューズと一緒に購入
金額は1万5千円ぐらいです。

追加で色違いのウェアー一式を8千円で購入したので、合計金額は約2万3千円ほどです。

ジムに筋トレ用の機材も準備されているので、今後はそこにも挑戦していこうと思います。

⇒ライザップ博多での体験談

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする