ホットヨガ・ジムの体験談と感想を集めてみました。

ホットヨガの服装ウェア、水素水やマットキープ、気になることはたくさんありますね。LAVAやカルドの体験申込の予約って、どうやってやるの?ホットヨガGOGO

スポタカ心斎橋店でスノーボード用品を

大阪に住むケイスケです。30代の会社員です。

私は、一年を通じてスノーボードをしています。
スノーボードを始めるきっかけになったのは、大学生の頃に先輩に連れて行ってもらったスノーボード旅行でした。
初日は全く滑れずお尻が痛くなってその日に帰ろうかと本気で思っていましたが、次の日になんとか滑れるようになり、3日目にはジャンプやターンなどができるようになり、すぐに他のスポーツに比べて得意になったのが嬉しくて、30歳を過ぎた今でもやっています。
冬のスノーボードシーズンは毎週のようにスキー場で滑っています(岐阜や長野が多いです)が、シーズン外では岐阜羽島にある室内スノーボード場である「スノーヴァ羽島」に月に2?3回くらい通っています。

社会人になってから知り合ったスノーボード好きの人の集まる社会人サークルで知り合った人たちとよく一緒に行きます。
そこでたまたま知り合った年上のボーダーの人は私の師匠(コーチ)的な存在なのですが、とにかくカメラを持ちながら滑るのがとてつもなく上手いのです。
おかげで、自分の滑りを完璧にビデオに撮ってくれて、それを見て問題点を指摘してくれるので自分の技術の上達にもとても貢献してくれています。
一番びっくりしたのは、スキー場で私がジャンプしながら回転したときに、彼も同じタイミングでジャンプし、同じスピードで回転しながらビデオを撮っていたこと。
ほとんど同じ動きだったので、まるで自分が空で静止しているかのような不思議な動画を撮ってくれ、びっくりしました。

ボードの用品は、基本的にバーキンのものを使用しています。
大阪市内在住なので、スノボ用品を買いに行くのは大阪の都心が多いです。
特に心斎橋のアメリカ村の中にあるビッグステップのスポタカ心斎橋店に行くことが多いです。
とりあえずビギナー向けというので買い揃えたので、新品でウェアも含めて10万円くらいしたと思います。
購入してからウェアは何度か変えていますが、ボード類は同じものをメンテナンスしながら10年近く使い続けています。
スノーボードは冬のスポーツなので、夏などに思い切り楽しめるサーフィンなどにもチャレンジしてみたいと思っています。

⇒ダイエットジムを大阪で

サイトマップ

お問い合わせ

error: Content is protected !!