ホットヨガ・ジムの体験談と感想を集めてみました。

ホットヨガの服装ウェア、水素水やマットキープ、気になることはたくさんありますね。LAVAやカルドの体験申込の予約って、どうやってやるの?ホットヨガGOGO

兵庫県の「ゴールデンバレーゴルフ倶楽部」攻略

三木市に住むカトウです。

私は現在、2ヶ月に1度ほどゴルフ場のコースに出てプレーしているのですが、平均スコアは90台から100台前半で、まだまだ上手くなりたいと思っています。
私が勤める会社は兵庫県にある通販会社で、私は通販カタログや自社の広告制作業務を行なっています。日頃から印刷会社や広告代理店の方々と仕事をしているのですが、たまにこうした取引先の方々とゴルフ場をいっしょに回ることがあり、親睦を深めています。

取引先の方々の中には私よりもゴルフが上手い人は大勢いますが、クライアントである私に対し、気を使って手加減をしてくれる方々もいて、嬉しい反面、この人たちを自分の実力で追い越したいといった気持ちもあります。だからこそ、私はもっと上手くなりたいのです。
私はこれまで、会社の同僚などにゴルフ教室に誘われたことはありましたが、実際には入会することもなく、基本的には独学でゴルフを練習してきました。ですので、コーチやインストラクターの方に学んだという経験はありません。しかし、前職の会社の上司からはゴルフの基礎的なことを学び、ドライバーとアイアンの打ち方の違いやスライスせずにまっすぐ遠く飛ばし方などについて教えていただきました。


私がゴルフを始めた約20年前は、上司や同僚からゴルフを教えてもらったり、ゴルフ関連の本を自分で読んで学ぶのが一般的でしたが、今は動画サイトなどで簡単にゴルフを学ぶことができるので、とても重宝しています。
私がゴルフの練習で常に心がけていることは主に2つあるのですが、まず1つ目が飛距離よりも方向性を重視するということです。ゴルフを始めた当初はとにかく、いかにして人よりも遠くへ飛ばすかということばかり考え、気になるドライバーが販売されるとすぐに買い換えてしまうといった有り様でした。しかし、スコアが100に近づきゴルフがますます面白くなってくると、飛距離よりも確実性こそ大事だということに気づきました。ですので、今も練習する際は方向性の良いショットをいかにして打ち続けられるかに強く意識しています。
次に2つ目が球筋をきちんと固めることに意識するということです。
スコアが110以上もあった頃というのは、スイングがまったく固まらず、その日によってフックしたり、スライスしたりと、球筋がころころと変わっていました。

当時はスイングをとにかく固めることに意識が働いていましたが、逆にストレートボールを打ち続けることはプロでもなかなかできないわけで、その人なりのクセや持ち球が必ず存在します。ですので今は、スイングを無理に固めるのではなく、球筋を固めることに意識して練習するようにしています。昔、会社の上司から「まっすぐなボールを打つことよりも、よく出る球筋が自分の持ち味なんだから、それを突き詰めた方がいい」と言われ、当時は正直、意味がわかりませんでしたが、今はこの上司の言葉がよくわかるため、常に心がけています。
私は日頃、地元にあるゴルフ場、それも自宅から比較的近いゴルフ場ばかり行っていますが、プレーしてみたいゴルフ場の一つに、兵庫県の「ゴールデンバレーゴルフ倶楽部」があります。あるゴルフ雑誌で初めてこのゴルフ場を知ったのですが、紅葉でまさにゴールデンに輝く景色に、何ともいえない心地よさと美しさを感じました。このゴルフ場は世界的にも有名なゴルフコース設計家がその土地に惚れ込んで自ら熱望してコース設計をしたと言われています。ゴルフはプレーも大事ですが、景色の美しさ、自然の美しさを体感することもその醍醐味なので、機会があればぜひ一度は行ってみたいと思っています。


最後に、私が好きなゴルフ選手は、アメリカのケーシー・オトゥール選手です。
2016年に行なわれたあるゴルフ大会の予選で、オトゥール選手はバンカーショットの際に、「クラブがバンカーの砂に触れてしまった」と自ら申告しました。ところが、競技委員がビデオ判定しても、近くにいた他の選手やボランティアスタッフに確認してもクラブが砂に触れた確証は得られなかったのですが、オトゥール選手が納得せず、2打罰が課せられ、そのまま予選落ちとなったのでした。
プロにとって予選落ちは賞金獲得ができない由々しき自体です。それにもかかわらず、自分の信念、正直さを貫いたオトゥール選手に、私は感動してしまったのでした。
私はこれからもゴルフは続けていくつもりですが、オトゥール選手のように清々しいプレーをいつも心がけたいと思っています。


7日間シングルプログラム

サイトマップ

お問い合わせ