筋トレを女性が自宅でやる!

東京に住むペギーです。

私はちょうど三年前の夏から、肩や腕、お腹、太もも、背中などの筋トレを続けています。
頻度は決まっているわけではありませんが、フルに決まったメニューを毎日やらなくても、できる部分だけでも自宅でやったりしています。
筋トレを始めたきっかけはたまたま近所の区民体育館に行って運動しに行ったことです。
元々運動のために近所のプールに週に何度か泳ぎに行っていたのですが、工事のためしばらくプールが使えなかったので、代わりになる運動を探していたのです。
区民体育館のトレーニングルームを使っているのですが、会員にならなくても毎回300円払って2時間利用できるシステムで便利です。はっきり言って筋トレそのものに元々興味があったわけではなく、トレーニングルームに行ったらランニングマシンや自転車以外に筋トレマシンがたくさんあったからやってみた、という流れでした。

 毎日、時間があるときに家の中で軽くストレッチをし、床の上に膝を曲げた状態で仰向けになり、腹筋をします。
今は100回を3セットやっています。それが終わったら今度は腹ばいになり背筋をするのですが、これもやはり100回を3セットやるようにしています。
これが終わったら今度は四つん這いになり、片足をゆっくり上げて下ろして行くことによりお尻の筋肉を鍛えています。
これは片足100回ずつやっています。基本的にはこれを毎日やっているのですが、週に3回ぐらいはそれが終わった後に区民体育館のトレーニングルームに行ってもっと運動をするのです。着いたらまずランニングマシンで30分走り身体を温めます。そして筋トレマシンを使って様々な部位を鍛えるのですが、胸の筋肉を鍛えるものは両手でハンドルを持ちながら座った状態でそのハンドルを中心に持ってくる、という結構苦しいものです。


脚を鍛えるものには、座った状態で両足の上に負荷をかけて膝を伸ばすことによりウエイトを持ち上げるものもありますし、太ももの内側を鍛えるものには両脚に負荷をかけた状態で足を閉じることによりトレーニングするものもあります。そういったマシンを約5種類使って筋トレをするのですが、やる回数はだいたい50回ずつです。ダンベルが置いてある部屋もありますが、そこには男性しかおらず、女性の私には少し入り辛い雰囲気があるので、私はマシンを使った筋トレのみです。筋トレが終わったらまた30分ランニングマシンで走り、身体に溜まった乳酸を分解させます。やはり筋トレは有酸素運動と組み合わせるのが一番みたいです。私は筋肉ムキムキになりたいわけではなく、痩せることが一番の目標です。
 一時期サバスのホウェイプロテインをトレーニング後に飲んでいた時期もありましたが、私自身はそこまで身体への変化を感じませんでした。

また、カロリーが高いということもあり、ボディビルダーになりたいわけではなかった私は、できるだけ牛乳や大豆類、肉や魚といった食事からタンパク質を摂るようにしています。
 ここ3年間で、人に言われるぐらい体型は変わりました。腹筋は常に縦に割れています。
さすがに本格的に筋トレをやっている男性のように横に割れてはいません。
ふくらはぎの筋肉がかなり凄く、筋肉のボールがふくらはぎの後ろに付いているみたいです。
また、胸筋と腕の筋肉も発達し、今までなで肩だった私は今は少し四角い肩に変化しています。
少し現役時代のフィギュアスケート選手浅田真央さんを思い出させるような肩です。以前より明らかに脂肪が無くなった身体になれて満足しています。
この習慣と体型を維持することにより、身体の老化を予防しておきたいです。

⇒女性用加圧シャツ
⇒アブラックスの効果と評判は?


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする