自重トレーニングで筋肉を

埼玉に住む20代男性のマツダです。

私はバスケットボールをしています。昔は身長は183㎝で体重は68㎏でした。ある時、初めて参加するチームでバスケをすると160㎝ぐらいの人にパワー負けをしてしまい、吹っ飛ばされてしまいました。このままではまずいと思い筋トレを本格的に始めることにしました。
地元には無料で出来るトレーニング施設があるのでそこに通うようになりました。
時間がないときは自宅で出来る筋トレをしていました。バスケットでは下半身と体幹の強さが重要になるため下肢と体幹を重点的に鍛えました。
内容は軽くランニングから始め、レッグプレスなどで下肢を鍛えた後は、腹筋、背筋などで体幹を鍛え、余裕があるとベンチプレス行っていました。

毎日ジムに通える環境ではないので自宅でもトレーニングを行いました。

自宅で行うときはスクワットや腕立てなどの自重トレーニングからコロコロローラーやゴムチューブを使ったトレーニングを行っていました。

ダンベルを使ってひたすら腕を鍛えた時もあります。
バスケットボールを続けるうえで筋トレだけ行っていても筋肉で身体が重くなってしまうだけなので、時にはランニングメニューをこなしていきました。
バスケットコートを1往復11秒を5本、2往復23秒を4本、3往復33秒を3本とひたすら走ります。時には5往復もこなしました。その後はゆっくりと1つの動作に3秒かける腕立て伏せを30×3セットと行っていました。
みるみる体重は増えていきました。さらに拍車をかけるようにプロテインを飲みました。
ザバス、アミノバイタル、ムサシなど色々なプロテインを試しました。どれも味やコスト面で長くは続きませんでした。

中には本当に筋肉がついているのか疑問に思うものもありました。しかし色々試した数あるプロテインの中でもDNSのプロテインは気に入っています。

種類別に細かく分類されているのが好きです。コストパフォーマンスや味などでDNSのプロテイン ホエイ100とクレアチンは今でも使っています。
色々とトレーニングをした結果1年で4㎏太りました。今では体重も80㎏までになりました。
筋トレを始めるきっかけをくれた人との当たり合いには勝てるようになりました。

それでもバスケットをしていると自分より身長の高い人は数多くいて、そのような人とマッチアップしなくてなりません。
まだまだ自分より当たりの強い人は沢山いるのでこれからも体重を増やして、下半身、体幹を鍛えなかなか当たり負けしない様に筋トレを続けていこうと思います。

⇒庄司智春のTシャツ
⇒加圧シャツ金剛筋